《ようこそヨットの世界へ》

2012年

9月

13日

ヨットってどんな種類があるの?

 個人が遊びに用いる船を、すべてひっくるめてプレジャーボートと呼び、一般の商船(貨物船やタンカーなど)や漁船、軍艦、巡視艇等と区別される。

 

     〈モーターボート〉
     〈モーターボート〉

〈プレジャーボートの種類〉

①    モーターボート:

     推進力にエンジンを用いる。

②    ローボート:

     櫓や櫂で漕ぐ。

③    セールボート:

     セール(帆)を持ち、風の力で走ることができる。

 

     〈セールボート又はヨット〉
     〈セールボート又はヨット〉

 

一般にボートというと小さな船のことを指し、大型のモーターボートのことを「ヨット」と呼ぶこともある。

 日本ではセールボートのことを「ヨット」と呼ぶことが多いので、私たちもヨットといえばセールボートのことを指すこととする。

 

     〈セーリングデンギー〉
     〈セーリングデンギー〉

〈セールボート(ヨット)の種類〉

    セーリングディンギー:

 オープンタイプでキャビンはなく、バラストキールもないので、乗員の体重移動によって転覆しないように操船する。単に「ディンギー」とも呼ばれる。

    キールボート:

 バラストキールを持ち、転覆しにくくなっている。キャビンの付いている外洋ヨットとキャビンがないキールボート(レース艇に多い)もある。

 

〈モータークルーザー(トローラー)〉
〈モータークルーザー(トローラー)〉

 また、キャビン付きのプレジャーボートをクルーザーと呼び、キャビン付きのモーターボートをモータークルーザー、キャビン付きのキールボートをセーリングクルーザーという。

 このホームページでのヨットはバラストキールを持ち、キャビンの付いているセーリングクルーザー(一般にクルーザーと呼ぶ)を主に取り上げます。

 

       〈クルーザー/ レーサー〉
       〈クルーザー/ レーサー〉
0 コメント