2016年

7月

18日

リーフィング

【ワンポイントリーフでクォータリーの風を受けて疾走するヨット】 
【ワンポイントリーフでクォータリーの風を受けて疾走するヨット】 

リーフィング

風が強くなってきたときヨットではまず、より小さな面積のジブに交換する。

メインセールをリーフ(縮帆)するのが先だと考えるベテランもいるが、以下の理由で間違いである。

さらに風が強くなることも考え、リーフよりも危険な作業であるジブ交換を先にしておく。メインよりもジブの面積を小さくした方が、ウェザーヘルムにならない。そしてセーリングスピードも上がる。

但し、ジブファーラーの場合はフォアステーにジブを巻き取って面積を減少させることに成るが、ラフよりもリーチとフットが多く巻き取られジブは袋状となり、ジブの形状ではなくなる。よって、アビームより風上の風位では使えない。従ってジブファーラーを装備したヨットでも、ストームジブの装備は必要である。

メインセールのリーフ手順

    スキッパーはクルーにリーフとリーフポイント位置の指示をする。

    スキッパーはそれまでのコースを維持する。

    クルーAはマストまで行く。

    スキッパーはメインセールの半分がシバーするまで、メインシートを緩める。

    クルーBはメインハリヤードをクリートから解く。

    クルーAはメインセールのラフをつかみ、リーフポイント以上に引き下ろす。

    クルーAはリーフポイントのタックをグースネックのフック金具に掛ける。

    クルーBはメインハリヤードをウインチに2回巻き付けて引く。メインセールのラフに充分テンションがかかっているのを確認した後、メインハリヤードを固定する。

    クルーAはリーフラインを引く。リーフラインはクリューがブームにつくまで引きクリートに固定する。

    スキッパーはメインシートを引き、メインセールをトリムする。

    クルーはハリヤード、リーフラインをコイルアップして整理した後、コクピットに戻る。

 

    セーリングを続ける。

【ポイント】

 

リーフするからと言って、艇を風上へ切り上げてはいけない。艇の動きが変化し、デッキワークが一層危険になる。必ず元のコースを維持し、セーリングを続けること。風をセールから逃がすには、メインシートを緩めるか、艇が波に乗って風圧が緩んだ時にセールを上下する。

〈写真は「THE BASIC OF YACHTING」より転載〉

〈イラスト・文は「インナーセーリング①青木 洋著」より抜粋〉

0 コメント