〈ヨットよもやま話〉

〈新西宮港から夕暮れの六甲アイランド方面を望む〉
〈新西宮港から夕暮れの六甲アイランド方面を望む〉
失敗談(その3)(2010/4/16)
 
 船酔いを経験した人は、その苦しさは忘れられないでしょう。何しろ車なら停めてもらい酔いをさますことができますが、船ではたとえ航行を止めてもかえって揺れがひどくなりよけいに酔ってしまいます。しかもベテランのヨットマンに尋ねても、絶対に酔わない人というのは基本的におらず何度酔っても免疫にはならないそうです。
 私の経験では、クルージング前日はともかく寝不足にならぬことが肝要です。そしてヤバイと思った日は出港前に酔い止め薬をのむことです。アルコール類を飲むことも
効果ありますが(先に酔わす!?)、今では酔っぱらい運転禁止になってしまいました。
 ところでわりと最近いつものようにオーナー二人で出かけたところ(私の体調は決してわるくなかった)、久しぶりに船酔いしてしまいました。きっかけは昼食のホカ弁をキャビンの中に入って食べたことです。航行中はキャビンに入ると酔いやすいのでやむを得ない用事がないかぎり入らないように心がけていたのですが、うっかり油断していました。ほんの一瞬でクラッときて気分が悪くなりました。このとき「人間の心と身体は一瞬一瞬微妙なバランスの上にのっているものだ」とつくづく実感したしだいです。【服部】