失敗談(その4)

 

 もう30年位前になりますか、バブル絶頂期が到来する少し前、あの「お立ち台」で一世を風靡した高級ディスコの元祖マハラジャ東京が麻布十番でオープンしたころ、当時私は今津のヨットハーバーに4人の共同オーナーと共にヨット1艇を所有していました。

 

 そして、週末にクルージングやヨットレースを楽しんでいましたが、そのうち各オーナーの「楽しみ方」の違いが表面化してきました。すなわち、ヨットレースで技能を磨きたいグループと、ゆったりクルージングを楽しみたいグループといった具合です。

 

 そこで皆で相談の上、ヨットレース派のメンバーがその艇(少しレーシング仕様であった)を買い取り、私ともう一人はクルージング派でゆったりクルージングを楽しみたい方でしたので別の中古艇をさがすことになりました。

 

 そして詳しいことは忘れましたが、私が中心になって、ツテをたどってある中古艇を見つけ、十万円で購入しました。

 

 ところがそれからあまり月日も経たないうちに、今津のヨットハーバーの桟橋に居たところ、通りかかった人がわが艇のクルーザーを見て 「あっ、あの船はMさんがNさんに 万円で売ったヤツや!」と言う声が聞こえました。

 

 わが艇の購入時に結果的に一桁損をしたわけですが、横にいた当時の共同オーナーは少しも私を責めなかったのが今も忘れられません。

 

 その後、彼と私はわが艇にヤングレディーをゲストに招いてクルージングを楽しんだり、ゲストと共に海水浴や淡路島へのクルージングを楽しんだのですから、高くなかったのかもしれません。

 

 当たり前のことですが、やはり中古艇を購入するときはしっかり交渉しないといけないようですね。【服部】

 

       【10月の木場クルージングで神戸方面を見る】
       【10月の木場クルージングで神戸方面を見る】